FBIの行動分析課(Behavioral Analysis Unit、BAU)のチームがプロファイリングにより犯人の行動を分析して事件を解決しようとする。

1話完結。

シーズン12まで放送されており、人気の海外ドラマです。

チーム内には個性的なメンバーが揃っていて、犯人の行動や犯罪パターンから性格だったり、人物像だったり、生活など様々なことがプロファイルから読み解いていくのでとても興味深く面白いです。

時々メンバーの私生活の闇だったり、触れてほしくない過去だったり、暗い過去も出てくるので観ていて切なくなりことも多いです。

ドラマだとは分かっていても、もしかしてサイコパスの犯人に目を付けられて自分や家族が同じような目にあったら、、、とか想像するとちょっとキツイものもありますが、似たような事件は実際あったりするのだろうから被害者やご家族の気持ちを想像してしまいます。

でも時には悲惨な事件からホッとするエピソードもあります。

BAUのメンバーの結束は家族以上に固く、お互いを思いやっています。

そういうやり取りを観ていると仕事で、信頼出来る仲間に出会えることはうらやましく素晴らしいものだなといつも勇気づけられて楽しんでます。